So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

「8勤(定時制)、11勤、12勤、13勤を考える」

今回は「8勤(定時制)、11勤、12勤、13勤を考える」を書こうと思います。

 当然ですが、勤務数が減る程収入が減るか、又同じ収入を得る為には勤務数が減ると1日の必要営収が増えて行きます。8勤は定時制とも言われアルバイトに属します。故に会社によっては年金や健康保険に加入できない事も有ります。殆ど定時制は年金等を受給している人、又はそれ程収入が必要ない人が選ぶ傾向が多い様です。

 ある程度収入が有ると年金額がその分カットされる様なので、定時制を選ぶか営収を調整する様です。なのでここでは定時制の事は触れません。

 先ず収入を横浜市の所得平均平均年収400万円を得る事を前提に書きます。400万円の収入を得る為には、400万円/年収÷60%=666万円の営収が必要になります。なので1ヶ月に必要な営収は、666万円/年÷12ヶ月≒56万円/月の営収が1ヶ月必要になって来ます。

 11勤では56万円÷11≒50000円、12勤では約47000円、13勤では約43000円の営収が1日必要になって来ます。メーター金額ではそれぞれ54000円、役51000円、約47000円です。

 話はチョット変わっ前回の運転手の時給の話になりますが、2016年の全国自動車交通労働組合総連合会(自交総連)のデーターによると、タクシー運転手の時給平均は東京で1845円、神奈川で1484円だそうです。

 データーは色々な集計方法が有るので、その集計方法により結果は自ずと異なってしまいます。全国自動車交通労働組合総連合会(自交総連)のデーターでは、東京、横浜の順番で書きますが、年間就労時間は2400時間でほぼ同じです。月に直すと約200時間です。

 1日に直すと勤務体系(出番日数)が異なるので1日には直す事が出来ません。11勤だと200÷11日で1日18時間勤務になりますし、13で番だと200÷13≒15時間になります。要は素直に時給計算が出来ない事になります。

 このデータには平均時給の項目が有りそれが前記した東京で1845円、神奈川で1484円です。このデーターには月収、年収も記載されていて、年収賞与込みで約440万円:360万円、月収は約35万円:29万円だそうです。

 これを元に営収を計算し、歩合給60%とすると月の営収は約58万円:48万円になります。1日の営収は、11勤:12勤:13勤の順番で53000円:48000円:45000円が東京で、横浜は43000円:40000円:37000円になります。

 前に京浜交通圏のデーターが税込み38000円位で税込みでは無いかと書きましたが、この結果を見ると如何やら税抜営収の様でした。

 色々な勤務体系が有るので時給計算は複雑なので、このタクシー運転手の時給平均は東京で1845円、神奈川で1484円を元に次回は考察したいと考えます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
前の1件 | -