So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

「タクシーの生産性」

今回は「タクシーの生産性」を書こうと思います。

 自分はタクシーと生産性と言う言葉はなじまない様な気がします。あくまでも運転手としての立場からです。換言すると「生産性」と最も遠い位置にある職種ではないでしょうか?当然物を作る職種だけが「生産性が有る」職種ではない事は承知しています。

 究極の成果主義を考えてみます。運転手と会社のリース契約によるものです。決められた金額だけを会社に支払えば、会社に連絡のあった配車依頼は公平適切に各運転手に割り振られ、支払った後残った儲けはすべて運転手が自分のものとしてよいと定めたとします。儲けた成果分はすべて運転手のものです。

 それでは、これでこの会社の生産性は上昇し,運転手は成果さえ上げれば成果も増え,会社も運転手もハッピーになれるのでしょうか?

 果たしてそうでしょうか?タクシー会社がこの方式を取ると、少しすると運転手はそのタクシー会社の車が増え事に気付くと思います。何故なら、この方法では、会社が増収増益を実現するには,できる限り多くの運転手と契約するしかないからです。

 極端な話、運転手が決まった金額を収めてくれれば、それが売上から出ようと,運転手の貯金,副収入,あるいは借金から出ようと,会社にとってはどうでもいいことです。

 それにより運転手は、会社から何ら教育を受けない運転手の質は玉石混淆となるでしょう。ハズレに当たった客はその会社を避ける様になり、運転手個人が努力しても,会社を通した配車依頼は別の運転手にも公平に割り振られてしまう為,自分のところに余分に回ってくることは期待できないと思います。

 なぜこのようになってしまうのでしょう。問題は,この雇用形態では,会社と運転手の利害が一致しないことにあります。会社は組織で仕事をするのです。運転手個人だけが仕事し,努力すればよいのなら,会社も経営者も要りません。生産性の向上は組織的な努力があって初めて実現するのでは無いのでしょうか。

 この「生産性の向上は組織的な努力」とタクシーの世界は一番馴染まない様な気がします。

 換言すれば、タクシー運転手は「個人事業主の様な者」と言われる言葉が表すように、組織と対岸にいる者です。

 換言すれば、企業という組織(タクシー会社)の対岸にいる者(運転手)に会社の収益を依存しているタクシー業界で、「生産性」を考えても・・・無意味の様な気がします。

 なぜ国交省が・・・

 現在主流の「歩合の雇用形態」にメスを入れられないのであれば,「やはりタクシーの台車や料金は規制すべきだ」などとカルテル(企業の独占形態)に安住する世界に逃げ込むしかないのでしょう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職
前の1件 | -