So-net無料ブログ作成

「日本交通と神奈川都市交通」

 今回は何も思い浮かばなかったので「日本交通と神奈川都市交通」を書こうと思います。

 日交は東京の雄、都市交は横浜の雄だと感じます。両社は良く似ている所が有ります。先ず当初は個人で操業していますが、日交は昭和3年、タクシー王子の祖父が創業して、戦時下の1944年、旅客自動車運送事業統合要綱の基づき、祖父と東急電鉄が手を携えて11社一個人で設立したのが、現在の日本交通の様です。

 都市交通は、1918年 横浜市街自動車株式会社設立として、創業者の鈴木吉養が設立したらの個人経営から改組して現在の会社になった様です。途中の1940年に現在の東急の傘下に入っていた時期も有った様ですが、1947年に東急の持ち株を譲受し、東急グループから離脱し、独立会社になった様です。

 しかし、現在も東急との関りは強く、東急田園都市線駅の構内営業権を独占していています。

 又、神奈川県下と東京城南地区に都市交通グループを形成しています。自分も第3京浜で多摩川を降りると、都市交通を目にする事が有り、確かに城南の品川区、目黒区、大田区、世田谷区に少しは生息している様です。

 面白いのは、日交、都市交とも東急が関係している事です。都市交通は東京4社のチケットも相互利用が出来る様です。東京4社のチケットが使えるのは、横浜、川崎では、4社以外に、都市交を含めグループ会社の2〜3社では無いでしょうか。

 横浜の日交は、平成24年相鉄自動車の株式を取得、平成25年天台交通、平成交通
の株式を新天台交通として取得して、その後日本交通横浜株式会社戸塚営業所に改称しています。

 何れにしても、現在の日交は横浜の中心地から外れた地区に約200台の車両で営業しています。

 当初は余り目にしなかったのですが、最近はやたらと目に付く様になりました。同じ東急という母体を持ち戦時統合で生まれた都市交通とは、競合関係に有ります。このままどこか横浜中心部の会社が日交に買収されれば、横浜の雄の都市交通もうかうか出来ないでしょう。

 自分も、最近「日交」が迎車でいるのをチョコチョコ見ます。都市交・・・どうする?

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0