So-net無料ブログ作成
検索選択

「横浜個人・神奈川個人」

 今回は 今回は「横浜個人・神奈川個人」を書こうと思います。

 自分もこの業界に入って早いもので8年が過ぎようとしています。最初は腰掛のつもりでしたが、今の会社が気にいっているとか、居心地がいいからと言う理由では無く、取り敢えず車と家のローン以外に借金をしないで生活出来ているので、何か転職するのが面倒臭くなって、気が付けば8年経っていました。

 当初は個人タクシーなんて考えもしなかったんですが、色々周りから個タクの話を聞いていると、「個タクは有りかも?」・・・と考える事が稀に有ります。

 当然収入に関してです。タクシーの仕事がOKになった訳では無く、相変わらずイヤイヤ仕事をしています。

 この前横浜個人の運転手を乗せた時色々話を聞いて、法人と同じ様に仕事をしていれば年収1000万円は軽いそうです。自分の知っている個人になった運転手は、皆、夜しか仕事をしていません。法人で言えば夜勤です。

 自分も半年程夜勤をしましたが、法人の夜勤は月100万の水揚げはそう簡単では無いのですが、個人では法人程難しい事ではない様です。

 話が逸れましたが前にも書きました様に、横浜には、「横浜個人」、「神奈川個人」、「浜協」、「日個連」、の組合が有ります。横浜個人と神奈川個人はデンデン虫の行燈、日個連は提灯の行燈です。デンデン虫の行燈の横浜個人、神奈川個人は全国個人タクシー連合会に属する個人タクシーの協同組合だそうです。

 タクシーの新規免許取得が認められていない現在は、譲渡譲受、相続の2通りの方法しか個タクの免許を取得する方法が無いのが現状です。因みに相続でも相続人が個タク免許取得要件を満たしている事が必要です。

 取得条件はネットに散見できるので割愛しますが、横浜で個タクをするなら「横浜個人」と「神奈川個人」のどちらがいいのか?を考えると思います。

 先ずどちらとも最終的に、関東運輸局長が実施する、法令および地理の試験に合格しなければなりません。又、どちらにも許可申請等をする前に実施する事前試験制度が有ります。

 要は、事前試験と本試験の最低でも2回の法令および地理の地理試験に合格しなければならない事になります。

 先ず組合の試験に合格して次に陸運局の試験に合格するイメージでしょうか。

 合格する事が絶対条件ですが、譲渡人数より授受人数(試験合格人数)の方が多かった時はどうなるのでしょうか?

 結論から言うと、横浜個人は「クジ」、神奈川個人は「試験の成績順」で順番が決まるそうです。仮にクジで番最後の方になったり、成績が悪くて譲渡台数より降順位になったりした時は順番待ちです。その回の譲渡台数が10台に対し、20人譲受希望者(合格者)がいる様な場合です。

 一番最悪なのは試験に落ちる事より、順番を待っている間に違反や事故で切符を切られてしまう事です。・・・また3年待たなければならなくなります。

 長くなりましたので続きは次回に譲ります。


 
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0