So-net無料ブログ作成

「個タクになるには?」

 今回も書く事が無かったので「個タクになるには?」を書こうと思います。

 先ず、年齢とそれに伴うタクシー運転手経歴に分かれ、各々各条件が有る様です。

年齢条件は、①.34歳以下、②.35歳以上39歳以下、③.40歳以上65歳未満の3種類の区分になり、個々の年齢により制約が有る様です。

①は同一営業区域で継続して同一の事業社(タクシー会社)10年以上勤務している事と、10年間無事故無違反である事が条件になる様です。要は、同じ会社に10年務め、その間無事故無違反が条件になります。18歳で免許を取得して、3年後2種免を取得したとすると、最短30歳で個タクの免許を取得する事が出来ますが、その間同じタクシー会社に10年間勤務して、無事故無違反が条件になります。・・・厳しいです。

②は申請日以前、申請する営業区域において自動車の運転を専ら職業とした期間が10年以上で、タクシー・ハイヤーの運転を職業としていた期間が5年以上である事が条件になります。ここの所が分かりづらいのですが、タクシー運転手以外で自動車の運転を職業とした期間は50%算入できる規定が有ります。仮にトラックの運転手を20年務めていたとすると、50%の10年をカウント出来るので、個タクの免許を取得出来る事になりますが、タクシー・ハイヤーの運転を職業としていた期間が5年以上無いので取得できません。又、申請する営業区域においてタクシー・ハイヤーの運転を職業としていた期間が申請日以前継続して3年以上であることも条件となります。纏めると原則10年のタクシー運転手の経験が必要で、他の運転職を行っていた者はその期間の50%を算入できますが、タクシー運転手を5年以上、申請直近の3年間はタクシー運転手を行っていなければならない事になります。又申請日以前10年間無事故無違反である者については、申請直近の3年間はタクシー運転手を行っていなければならない規定が、③の40歳以上65歳未満の要件に緩和されます。

③は申請日以前25年間のうち、自動車の運転を専ら職業とした期間が10年以上有り、申請日以前3年以内に2年以上タクシー・ハイヤーの運転を職業としていた事が条件になります。②の緩和条件は、タクシー・ハイヤーの運転を職業としていた期間が申請日以前継続して3年以上である事が、申請日以前3年以内に2年以上に緩和されます。

 どの年齢も、10年以上継続して申請区域で業務行っていた事が必須になる様です。なので、東京→横浜で勤務年数が10年以上あっても、申請する営業区域で10年無いと申請が出来ない事になります。

 気になる地理試験の免除や違反点数に関する事は長くなったので次回に回します。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0