So-net無料ブログ作成

「無線のオペレーターとの癒着」

 今回は「無線のオペレーターとの癒着」を書こうと思います。

 タクシーの無線は、個々の会社が無線設備を装備して配車している会社や、幾つかの会社が協同組合を形成して無線配車を行っている形態が有ります。又、協同組合を形成して無線配車を行っている会社でも、個々の会社で独自に顧客を持ち無線配車を行っています。

 協同組合を形成して無線配車を行っているのは、通称ラ〇オタクシーと呼ばれる、神奈川旅客自動車協同組合が代表でしょう。自分は良く知らないのですが、相鉄沿線タクシー無線協同組合と言う協同組合も有る様です。恐らく相鉄線沿線を営業エリアとするタクシー会社の共同組合だと思います。

 他に東京私鉄自動車協同組合、通称私鉄協も有り、東京と神川を営業区域とする協同組合になり、京急が加盟しています。京急は京急交通株式会社が正式な社名となり、6社のグループ会社になります。その為社名に有る様に京急沿線の駅は京急タクシーの寡占状態です。

その他協同組合では有りませんが、神奈川中央交通株式会社、通称神奈中も無線は非常に強い会社です。神奈中は小田急グループの一社で東日本では最大のバス事業者で、バス専業の事業者としても日本一の規模だそうです。

 日本最古のタクシー会社の都〇交通も無線が非常に強い会社です。現在は横浜中心部では未知数ですが、日交も本気を出せば脅威になる会社だと思います。

 この中で横浜の中心部で、目を引くのが都〇交通と神〇中の無線配車です。横浜駅東口、みなとみらいの大型ホテル、コンベンションホールで数十台の迎車のタクシーをよく目にします。数十台のタクシーが「迎車」で並んでいるのを見ると壮観です。

 ここで、「都〇交通と神〇中で働けば、無線の数が多いんじゃネ」と思うと思いますが、どうでしょう・・・?

 昔から無線配車で問題になっているのが、会社による「運転手の贔屓」と「運転手と無線オペレーターの癒着」です。

 ここからは勤めていた運転手から聞いた話や、業界の噂話なので「話半分」と思って欲しいのですが、オペレーターとの癒着は実際有るそうです。例えば「接待」や配車して貰った事への謝礼等が行われていつそうです。

 名前は出せませんが、有る会社のオペレーターへの謝礼は勝烈弁当とティッシュに包んだ2000円だそうです・・・話半分ですが、ずいぶん具体的な話です。

 オペレーターも人間なので当然人の好き嫌いは有ると思います。人間なので付け届けをされれば・・・どうでしょう?

 無線の多い会社で乗務するのは、営収のアドバンテージになりますが、上に立つグループのリーダーの力量や、無線はオペレーターと運転手の癒着も有る?と考えた方が良いかもです。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。