So-net無料ブログ作成

「今後新たに取り組む11項について」

 今回は「今後新たに取り組む11項について」を書こうと思います。

 「全タク連」が取り組む事項とした11項目は以下の様になっています。

 ①初乗り距離短縮運賃
 ②事前確定運賃
 ③相乗り運賃
 ④ダイナミックプライシング
 ⑤定額運賃
 ⑥相互レイティング
 ⑦ユニバーサルデザイン(UD)タクシー
 ⑧タクシー全面広告
 ⑨第2種免許緩和
 ⑩乗合タクシー
 ⑪プライベイトリムジン

 の11項目です。④ダイナミックプライシングは、需給状況に応じて価格を変動させることによって需要の調整を図る手法で、換言すれば、「変動料金制」だと思います。

 ⑥相互レイティングは「ウーバ」の様に、運転手と客が「相互に評価」する事です。

 ⑪プライベイとリムジンは訪日外国人等の富裕層の需要に対するサービスです。

 ⑦、⑨、⑩は全国の業界で取り組むべきものとし、それ以外は、各地域のタクシー業界において、それぞれの地域の状況を踏まえて検討され、実施可能な項目について取組を図ることが望まれるものとしています。中には内容が分からないものも有ります。

 既に①は実施済み、②は実証中、⑦は現在も有ります。⑥は思わず笑っちゃいます。

 こうやって眺めてみると、まさに、ライドシェアを意識した対策になっています。確かに単純に考えると、「一般ドライバーが、プロドライバーの仕事を奪う」という構図に見えますが、果たしてどうでしょう?

 各地域のタクシー業界において取り組むべきものである過疎地などの「公共交通機関がない地域」、高齢化に伴い、全国各地に広がりつつある過疎地域においては、住民が「空いている席を提供する」という共助の形は、タクシーのない地域においては必然とも言えると思います。

 既存の問題、「サービスの悪さ」、「料金の高さ」による現在のタクシー業界の業績の悪化の現況の根本にある問題、即ち、「タクシー業界は特殊な業界体質な為市場メカニズムが働かない事」、「歩合に偏った給与体系」などを解決しないで、「新たな需要」を掘り起こそうとしているのではないでしょうか。

 今回の11項目は、「ライドシェアの流れを止める」というよりも、むしろそれはあきらめて「どう対抗していくか」、に重きが置かれているように見えます。

nice!(2)  コメント(1) 

nice! 2

コメント 1

Gudrun

All peoрⅼe laugheⅾ making an attwmpt to imagine what sort of
ϲelewbratіon Marу and Josepһ gave for Jesᥙs when He was six.
Larry puzzled, ?I wager he preferred the same tyρe ߋf toys we like.
by Gudrun (2017-10-01 07:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。