So-net無料ブログ作成
-| 2017年03月 |2017年04月 ブログトップ

「勤務体系と収入はどうなの?どう稼げばいいの?」

 今回は「勤務体系と収入はどうなの?どう稼げばいいの?」について書こうと思います
まず勤務体系は、日勤、隔勤、夜勤、定時となっています。日勤、夜勤は読んで字の如く昼間しか乗務しない又は夜しか乗務しない勤務体系を指します。定時は会社と決めた日に乗務する事で、隔勤の出勤日数が7〜8日バージョンです。(ほぼ年金受給者が対象になっている様です。)

隔勤(2暦日)勤務で、は乗務→明け→乗務→明け→公休というふうに5日でサイクルを組みこれを1か月(30日)で6回繰り返します。そうすると月12日乗務する事になります。(2乗務×6回)要は「1日乗って次の日は休んで、次の日は出勤して翌日と翌々日は休み」という事です。この月12乗務のパーターンが基本形になって色々なバリエーションが派生します。例えば月13勤だったり月11勤だったりしますが、乗務員は基本的に選択肢はなく各々の会社が決めています。(稀に選択出来る会社もあるようですが)

 労働基準法では週の労働時間が1日8時間、週40時間と定められていますが、例外が有って、「変形労働時間制」を採用して且つ一定の期間を平均して週40時間に収まるようにすれば、特定の日や週に法定労働時間を超えて所定労働時間を決めることができる」と定められています。

 タクシーはこの例外の「変形労働時間制」を利用しています。労働大臣告知(改善基準告知)に、日勤、隔勤の勤務時間、拘束時間、休憩時間が詳細に定められています。

 日勤は1か月の拘束時間が299時間以内、1日の拘束時間が13時間で最大でも16時間以内、休息時間は継続8時間以上となっています。

 隔勤は1か月の拘束時間が262時間以内、1日の拘束時間が21時間以内、休息時間は継続20時間以上となっています。

 厳密に言えば、乗務→明けの「明け」は改善基準告知で言うと「休息期間」という事になり、「公休」は乗務後の休息時間+24時間になると休日扱になります。

 この条件を充たす様に会社がシフトを組んできますが隔勤で乗務していると、明け→公休は連休の感覚です。

 朝の通勤客を狙って朝6時に出庫したとします。21時間後の27時(翌3時)が終業時間です(帰庫時間ではありません、帰庫して洗車、日報等を終わらせて仕事が全て終わった時間です、拘束が解かれた時間です)。その後帰宅して、食事をして、風呂に入って、一杯飲んで?寝る時間が6時になったとします。次の日の起床時間まで何時間ですか?仮に4時に起床とすると22時間有ります・・・あなたは22時間眠れますか?

 たぶん無理でしょう。タクシーの隔勤乗務は極端に言うと、2日分の仕事(時間)を1日でやって、次の日は休みというイメージです。12勤だと12日×2=24日乗務した計算になります。という事は2日分の仕事と睡眠の時間を其々1日で取るという様な考えです。2日分の仕事を纏めて1日で行う事は可能でしょうが、2日分の睡眠を1日で取るのは不可能だと思います。皆さんは可能ですか?では隔勤の乗務員は如何しているのでしょうか?

 長くなってしまったので、今回のテーマの「収入は如何なの?どう稼げばいいの?」と
「隔勤運転手の1日」は次回に書こうと思います。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

タクシー運転手って「ヒエラルキーの底辺の職業なの?」

 今回はタクシー運転手って「ヒエラルキーの底辺の職業なの?」について書きたいと思います。業界に入る前と後では全く考えは変わっていません。・・・底辺だと思っています。

 私が高校生から大学生の頃(約40年くらい前の大昔です)、当時は深夜喫茶なるものが有りました。今でいうファミレスの喫茶店バージョンです。皆さんはポーカーゲーム機をご存知でしょうか?・・・ではその前のビンゴゲームの機械って知っています?今のビンゴゲームではありません。よくゲーセンにあるフリッパーと同じ形をしていて、同じ様に球を打って盤上に空いた穴に入れ、縦、横、斜めに揃えるゲームです。ググってみればわかると思います。(ビンゴ機械で画像検索するとゲーセンにあるフリッパーと同じ形の物がそうです)当然金をかけて遊ぶので博打で、ビンゴを置いてある喫茶店を「ビンゴ屋」と言っていました。後にポーカーゲームが大流行するとビンゴ屋は廃れてみなポーカー屋となって行きました。

 実家はユルユルで高校生の頃から「ビンゴ屋」で深夜勤務をしていました。バイト代も良かったし、小遣いもくれたし何より夜毎日家を出られることが楽しかったと記憶しています。

 ゲームをしに来る人は、遊び人、ヤクザ、水商売、ゲームのディーラー、タクシー運転手などでサラリーマンは殆どいなかったと記憶しています。その頃何が原因でそう思う様になったか分かりませんが、タクシー運転手には死んでもなりたくないと思うようになっていました。ヒエラルキーという言葉へ抵抗があるなら、職業差別とでも言うのでしょうか。(ホワイトカラーとブルーカラーとか)・・・結果現在はタクシーの運転手なのですが(大爆笑)

クシー運転手をしてみてブルーカラーは当然として、ヒエラルキーの底辺の職種だと痛感します。決して収入ヒエラルキーではなく職種ヒエラルキーとしてです。

 私の年収は去年約700万円を少し上回る位です。(因みに京浜交通圏のY市で乗務しています)全国平均が300万位なので、まあまあ稼いでいる方かもしれません。・・・でも辞めたいです、マジで・・・。
 
 本当にタクシー乗務員の前職は様々です。流石に前職が士業だった人は聞いた事は有りませんが、警察官は結構います。あとリストラされた人、自営で倒産した人、様々でごった煮の鍋の様です。

 乗務員の平均年齢が58歳位で、平均勤続年数が約9年位らしいです。これを見るとある程度年を取ってから運転手を始めた運転手が多いのではないのでしょうか。逆に言うと40歳を過ぎてある程度収入が見込める再就職が出来る職種はタクシー乗務員位かもしれません。

 私が業界に入ってタクシー運転者が職種ヒエラルキーの底辺の職業と感じる理由は・・・分かりません。でも肌で感じているのです。すべての客がそうだとは言いませんが、客の横柄な態度、運転手を見下したような物言い、客の運転手はサービス業だからという思考等々の理由でそう感じているのかもしれません。(小さな事でも8年もやれば大きくなります。)

 このブログを書くにあたってタクシー運転手のブログをかなり見ました。概ね東京だったら頑張れば最初から年収500万円位稼げる・・・そうだと思いまが、何をどう頑張ればよいのですか?道を覚える事ですか?それとも接遇ですか?・・・分かりません

 地方出身者で道は知らなくてもナビが有るから大丈夫・・・「スミマセン、新人な者で道が分からないので住所を教えて頂けたらナビで行って宜しいでしょうか?」と乗せる度に聞く事になるでしょう。決して快く教えてくれる客ばかりでは有りません。運転手は道を知っていて当たり前と思って乗車します。嫌味の一つも言われる事も有るでしょう。酔客だったら尚更きつい一撃が有るでしょう。

 運転手のブログには稼げるとか、今日は幾ら営収が有ったとか、意義のある仕事とか前向きの事しか書いていません。稼げばその分嫌な思いも数えきれない位している事を忘れないで下さい。平均勤続年数が9年しかないという事は、9年経っても稼げないで辞めるか、稼いでも乗務員が嫌になって辞めるかだと私は思います。

 次回は「勤務体系と収入はどうなのどう稼げばいいの?」について書こうと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「今の運転手はどうなの?」

 今回は「今の運転手はどうなの?」について書こうと思います。私がこの業界に入った時は未だ消費税が3%の時です。その頃と現在の運転手の「質」はあまり変わってない様な気がします。

 私の知っている限りでは俗に「雲助」と呼ばれる様な運転手はいません。(大辞林に乗っている様な意味での)

 しかし客に対しての態度が悪い事を「雲助」と呼ぶなら・・・結構います、実際に・・
誰でも右も左も分からないで状態で業界に飛び込めば、初心者で色が付いてない真っ白な状態で乗務します。それが何故黒くなっていくのでしょうか?

 私は黒くなってないと思っていますが、真っ白ではないと思います。(しいて言えば白よりのグレー・・・?)

 このブログを書くに当たって色々と考えてみました。これから業界に入ろうと思っている人がなるべく黒く染まらない様に(染まっても良いという人は別ですが)参考になればと思います。

 はっきり言って白でも黒でもグレーでも営収にはあまり関係が無いと思います。但し黒に近づくほど会社へのクレームの電話は増えます。マジ鬱陶しいです。実際私が勤務している会社ではクレームが入る乗務員はほぼ決まっています。

 余談ですが会社にクレームが入り、所長と2人で関西まで手土産を持って謝りに行った乗務員もいます(大笑)

 タクシー会社では出庫前に点呼が有りその日の注意事項等が伝えられます。例えば前日事故が有ったとか、クレームが有ったとか色々で、時間にして2〜3分です。会社は事故やクレームについて氏名は公表しないのですが運転手間ではバレバレです。
「又彼奴か事故ったか〜」、「又彼奴にクレームか〜」と分かってしまいます。何故バレバレになるかはほかの日に書こうと思います。
 
 話が逸れましたが「今の運転手はどうなの?」の回答は・・・客目線で見るのか、乗務員目線で見るかによって大分違うと思います。私は乗務員なのでその目線で見るとバブル期よりは大分改善されていると思います。そう考える理由は国交省、タクシーセンターの指導が非常に厳しくなった事が原因だと思います。「バブルが弾けて暇になったから乗務員が改心して改善された」なんて事はけっして無いと思います。今の乗務員はバブル期を経験していない乗務員が大半ですから。やはり国交省とタクシーセンターの指導の賜物だと思います。乗務員目線で見ると「今の運転手はどうなの?」の回答は、昔より大分改善されたが回答だと思います。

 それでは客目線で見るとどうでしょう?
それ程変わってないでしょう・・・残念ながら悪いままで変わって無いというのが回答ではないでしょうか。

私が思うには客が運転手を「雲助」までとは言いませんが、「駕籠かき」くらいのイメージで見ている様な気がします。言い換えればヒエラルキーの底辺当たりの職業だと感じているのでは?と思っています。根拠は無いのですが、乗務していて感じる私のイメージと客に言わる言葉、語調、などからの感じです。

 実際は客の命を預かり目的地まで輸送する(時には高速道路を使って)という非常にリスキーな職業なのですが・・・でもヒエラルキー的には底辺の職種と思われていると感じているのは私だけでしょうか・・・(被害妄想?)

 乗ったタクシーの乗務員をどう見ているかなんて考えないと思いますが、そこそこ経験を積むと、この客は乗務員をどの様に見ているのかと考えさせられる様になります。

 次回は「タクシー乗務員はヒエラルキーの底辺の職業?」を書こうと思っています。

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

今日からブログを始めてみました

 今日からブログを始めてみました。早いものでこの仕事を始めて8年も経ち、右も左も分かる様になりました。これからタクシードライバーの仕事を始め様としている方に少しでもお役に立てればと思ってこのブログを始めました。(半分は暇だからです。)

まず私の経歴ですが・・・省略します(山あり谷ありで大変面白いのですが)
因みに年齢は50代で、既婚です。子供は2人で長女は去年大学を卒業し設計会社に勤めて、長男は去年大学に入学しました。(これから3年はこの仕事を続けると思うと・・・超ブルーです)

皆さんはタクシーの運転手ってどうゆうイメージでしょうか?昔は「駕籠かき」「雲助」なんて言われ私もそう思っていました。今は「駕籠かき」「雲助」なんて言葉は死語になっているので若い人は知らないと思います。有り体に言えばタクシー運転手の蔑称です。

 大分昔の話になりますが、漫才師の故横山やすしがタクシーの運転手に「昔でいえば駕籠かきやないか」と暴言を吐いて屈辱罪で告訴される事が有りました。大辞林で調べても良い事は書いて有りません。確かにタクシー歴30〜40年の先輩に聞いても昔のタクシー運転手はその手の運転手(雲助)は多かったと言います。

 バブルの1980年後半から1990年初頭にかけては、今ほど規制が厳しくなかったので運転手も平気で乗車拒否をしまくったそうです。運転手が客を選べた時代です。
金曜、土曜の夜などはタクシーが捕まらないので一万円札手にもってヒラヒラさせて手を挙げてタクシーを止めても近いと乗せなかったそうです。(釣りはいらないといっても、客は溢れているので乗せなかった様です)

 当時は遠距離の客は煙突(メーターを倒さないで)です。昔は深夜割増が3割だったので(現行2割)給料には手を付けないで煙突の金額やチップだけで生活が出来たそうです。なので給料を全額貯金に回して家を買った先輩がいます。当時の給与水準は給与だけで大手の部長クラスだった様です。

 当時の会社全体の営収(売上)の平均は、金曜日、土曜日は楽に10万円は超えていたらしいです。今思うと夢の様な事です。平均10万超えですよ!平均10万って事は17〜8万の営収の運転手が何人もいないと無理です。約30年前の金額ですよ!

 バブルの時の運転手は本当に酷かった様です。客を選ぶ為に乗車拒否して、嫌な客は乗せなくていいし、おまけに給料は大手部長クラス。お客に対して上から目線で接しても、お客は乗りたいから頭を下げるし、チップも出す、そりゃー横柄になりますよネ。
 乗務しているとバブルを経験したお客程横柄だと感じているのは私だけでしょうか?
何か当時の仇を取られている気がします。「仇は俺じゃないヨー」って気分で乗務してます。

 次回は「今の運転手はどうなの?」を書こうと思っています

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

-|2017年03月 |2017年04月 ブログトップ