So-net無料ブログ作成
検索選択

「どうすれば年収500万円?」

 今回は「どうすれば年収500万円?」を書こうと思います。

 第1の方法は、総走行距離をそのまま204キロのままと仮定すれと、実車率を上げる事です。実車率を70%まで上げると204キロ×70%≒143キロとなり、143キロ÷3.2キロ(平均乗車距離)×1350円≒60000円となり、乗車回数は約44回となります。

 実車率70%は京浜交通圏では驚異的な数字だと思います。駅付けオンリーならば可能でしょうが、「流し」専門では驚異的です。又ロング2〜3本で5万円有れば可能化もしれません。

 第2の方法は平均客単価を上げる方法です。現在1350円ですがこの単価を年収500万円にするには乗車回数を現在の平均を26回とすると、平均客単価を約2200円にしなければなりません。

 現在2000円以下の客の割合が70%なので、逆に言えば2000円以上の割合を70%以上にする事とも言えます。

 第1、第2の方法も決して無理だとは断言出来ませんが、コンスタントと考えるとかなり厳しいと思います。

 では方法は無いのでしょうか?年収500万円以上の運転手は約16%いる事から考えて方法は有るはずです。タクシーの仕事は水商売的で、「運」、「ツキ」、「天候」等に左右される仕事です。良い月、悪い月も当然有ると思いますが営収の平均が55000円/日で年収500万円です。私の知っている年収500万以上だと考えられる運転手は全て「流し」がメインです。

 平均乗車キロ運賃は1350÷3.2キロ≒420円となり、55000円の営収をだすには営収55000/日÷420円≒131キロの実車距離が必要となります。実車率を41%とすると131キロ÷41%≒320キロ、総走行距離320キロになります。

 1年を通すと良い月、悪い月も含めて統計上320キロ走れば年収500万円です。

 これは単に過去のデーターを元に算出した数字ですが、実車率70%を目指すより320キロ走る方がはイージーな事ではないでしょうか。東京の様に無線が多数落ちたりすれば別ですが、そもそも無線がない会社はどうします?又無線といっても「運」次第でロングで有ったり、近場で有ったりとこれも「運」次第です。

 実車率が35%だったり50%だったりとします。これも又「運」によるところが多い様に感じます。

 無線でロングが当たるのも、拾った客がロングな事も、実車率の多さも「運」の要素が多い気がします。しかしある程度自分でコントロール出来る「運」は実車率の様な気がします。

 実車率を上げる事がロングに当たる可能性が必然的に高くなる事は分かりますよネ。ロングの客に出会う可能性が多くなるからです。

 実車率を上げるには無駄な走りをしない事だと思います。前にも書きましたが、行った先(降車地点)で営業が出来る事が最善の方法だと思います。行った先(降車地点)から真っ直ぐ営業エリアに戻るのではなく行った先で営業をする事が実車率を上げ、ひいては営収を上げる事が出来、腕の良い運転手だと思います。

 長くなったので以降は次回にします。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「京浜交通圏で年収500万円は可能な営収か?」

 今回は、「京浜交通圏で実現可能な営収は?」を書こうと思います。

 前にも書きましたが、東京のタクセンでの調査で運賃が2000円以下が約70%と書きました。ワンメーターが4.6%、1000円位が25.9%、1000円~2000円以下が42%で合計72.5%です。因みに2000円~5000円までが21%、5000円~9000円までが4%で9000円以上は1.8%になります。

 2000円以下の乗車料金の割合の72.5%は肌感覚に合う様な気がしますが、ワンメーターの4.6%は少ない様な気がします。平均乗車回数を26回とするとワンメーターは26回×4.6%≒1.2回です。1乗務で26回乗せてワンメーターが約1回というのは考えられません。

 なので、2000円以下の数字72.5%は信頼に足る数字ですが、その内訳区分の数字は?です。

 乗車回数が1回から52回までが正規分布に従うと仮定して標準化を行いました。当然平均は26回です。1時間に2回拾うと仮定すると、1乗務36回拾う計算になります。又、1乗務40回拾うと仮定すると時間当たり2.2回拾う事となります。

 36回以上拾える確率は約25%、40回以上17.6%になります。平均客単価を乗じてみると、36回×1350円=48600円、40回×1350円=54000円になります。

 年収に換算すると、36回では約455万円、40回では505万円になり年収500万円は可能となりました。・・・いかがです?

 前回と今回は過去のデーターを元に算出した数字です。年収の数字は1年が終わって自分が年収レベルで何%の区分帯にいるか結果で判断するにすぎません。しかし乗車回数や日々の営収の確率は、日々の営業の中で拠り所になる数字だと思います。

 換言すれば、全く希望が無い数字なのか、又は25%の希望が有る数字なのかという事です。全く希望が持てないなら「流す」気持ちすら起きないでしょうが、25%は4人に1人が出来る数字です。その1人になる様に頑張れば良いのではないでしょうか。

 数字的に見て平均乗車回数26回を1時間当たりあと約0.5人(2時間に1人)多く乗せるだけで年収は455万円になります。又1時間にあと1人乗せるだけで年収は500万円になります。

 現在は18時間÷26人≒0.7人です。1時間に1人も乗せられていません。

 当然確立なのでその目標を達成出来る確率であり、「0では無く4人に1人は出来る事だ」と前向きに捉える事で、決して「4人に1人しか出来ない事」と消極的に捉えない方が良いと思います。

 1時間に2人拾うイメージはどうでしょうか?平均乗車距離3.2キを走る時間は、信号や道路状況にもよりますが約10分前後だと思います。要は10分実車で降車後20分客を探して走り客を拾い10分実車で走り又20分客を探して走ります。

 実車(10分)→客探し(20分)→実車(10分)→客探し(20分)というイメージです。1時間拾え無い事も1時間に4人拾う事も有りますが、上記は単純に1時間のイメージです。

 長くなりましたので今回は以上とします。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「年収500万の可能性」

 今回は「年収500万の可能性」を書こうと思います。

 前回は営収10万円/日を上限として考えました。今回はもう少し現実的に書こうと思います。

 平均税抜35000円/日は変わらず上限を7万円とする正規分布に営収が従うと仮定し、標準偏差を計算して標準化を行い確率計算しました。

 正規分布なので当然平均値の35000円を際に35000円以上と35000円以下の割合は50%ずつです。15000円から55000円までの運転手の割合は約64%になります。(営収平均±標準偏差)

 営収平均35000円/日を境に計算してみます。35000円/日から7万円/日の割合は上記の様に50%で、その内営収4万円/日以上の運転手の割合は約38%、同様に45000円以上は31%、5万円以上は22%、55000円以上は16%、6万円以上は10%になります。

 分かり易く書くと、35000円以上=50%、4万円以上=38%、45000円以上=31%、5万円以上=22%、55000円以上=16%、6万円以上=10%、65000円以上=6%です。

 月の給料50万円を得ている運転手の割合は、計算上6%しかいない事になります。

 どうです?600万円の年収を得る事が出来る運転手は6%しかいません。

 では年収を500万円ではどうでしょう?(500万円÷12ヶ月÷60%)÷13乗務)≒53400円/日の税抜営収が必要で、税込み約57600円のメーター金額です。その割合は、約18%です。

 統計的にみて営収53000円/日と営収17000円/日の運転手と同じ割合ですが、17000円/日は遊んで仕事をしても出来る営収で、53000円/日は頑張らないと出来ない金額です。同じ18%という数字でも全然意味が違います。

 言い換えれば、年収500万円の運転手は、5人に1人位の割合で日々の営収がその会社の常にトップ10でなければ厳しい数字だと思います。

 では年収400万円ではどうでしょうか?

 (400万円÷12)÷60%÷13勤務≒43000円/日になり税抜43000円、税込約46500円/日の営収が必要になる計算で、運転手の34%が年収400万円です。

 纏めると、年収が600万円=6%、500万円=18%、400万円=34%になります。大きな括りで言うと、タクシープールなどでタクシーが100台いたとするとその中で年収600万円の運転手は6人、500万円では18人、400万円では34人という事でしょうか。半分の50台は年収330万円以下です。イメージはつかめました?

 年収500万円、1日の平均営収の53000円(税込57000円)って京浜交通圏では結構難しい営収だと思いませんか?

ここで終わっては意味が無いので、次回は「年収500万円を可能にするには」を書こうと思います。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「年収500万と机上の計算」

 今日は「年収500万と机上の計算」について書こうと思います。

 前回は、平成26年度の京浜交通圏のデータを書きました。

 その結果、営収は35000円、乗車回数は26回、客単価は1350円、実車率は41%、実車距離は84.8キロ、総走行距離は206キロ、実車距離平均は3.2 キロとなりました。

 取り敢えず、運賃(税込)730円から10万円迄、平均営収(税込み)38000円として、運賃収入が正規分布に従うと仮定して計算してみました。

 その結果、メーター金額で45000円以上の割合が34%、50000円以上では
27%、6万円以上では15%、7万円以上では8%となりました。

 メーター金額で6万円は、税抜き営収で約55500円です。13乗務で計算すると
55500円×60%×13乗務≒433000円になり、年収が約520万円です。

 換言すれば、京浜交通圏で年収約500万円以上稼いでいる運転手は15%しかいない事になります。

 同様の計算で、税込営収45000円の場合は年収で約390万円、割合は34%、税込み営収か4万円だと年収346万円で割合は42%です。

 結論です。計算が正確か?ですが、運転手の平均売上での年収は約354万円、メーター金額6万円以上売上げる運転手の割合は約15%で、年収換算すると520万円になります。

 月収50万円を稼ぎたいので有れば、50万円÷60%×1.08≒90万円のメーター金額約75000円の売上が必要で、その割合は5%しか有りません。

 東京特別区では、頑張れば何とかなる数字かもしれませんが、京浜交通圏ではコンスタントに12ヶ月この数字をたたくのは・・・どうでしょう?

 夜勤では、可能でしょう。但し精神的、肉体的にヤバいです。


 次回は、さほど無理をせず精神的に追い込まれる事も少なく、「実現可能な営収は?」
又は「机上の計算2」を書こうと思います。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「最低でも東京の平均を抜こうヨ」

「最低でも東京の平均を抜こうヨ」を書こうと思います。

 前回、私なりに纏めた結果(頼りないですが)、営収は35000円、乗車回数は26回、客単価は1350円、実車率は41%、実車距離は84.8キロ、総走行距離は206キロ、実車距離平均は3.2 キロとなりました。乗車回数は1乗車当たり1.3人が乗ると仮定して計算しましたが、この数字が頼り無いですが・・・どうでしょうネ?

 実車率は41%、実車距離は84.8キロとは明示されているのでそこから導き出された数字はおそらく大丈夫だと思います。

 営収を上げるのに考えられるのは、実車距離を延ばす事が先ず考えられます。この数字を伸ばすには乗車率を同じ41%とした時に、なるべく遠くまで行く客を多くより多く拾う事です。現在実車距離単価は約413円です。東京は530円です。狙ってロングや遠くに行く客を引けものでは無いので、立ち回り(ロングの客が多いエリアをより多く把握する事)に掛かって来ると思います。要は腕と経験の問題ですかネ。

 次に考えられるのは、実車率を上げる事です。現在41%で、実車キロ単価412円です。実車率を45%に上げると206キロ×45%≒93キロ、416円(営収35000円の実車距離単価)×93キロ≒38700円、同様に実車率を50%で計算すると、約43000円になります。・・・これも腕と経験値の問題です。

 偶々45%や50%の乗車率を上げる事が有っても、おそらく206キロの走行距離で月平均での数字は厳しいと思います。・・・出来ます?

 あと走行距離を延ばさず回数も重ねないで営収を上げる方法は・・・有ります。無線です。京浜交通圏で無線である程度営収が立つのは〇市交通位ではないでしょうかネ~。

 現実的な話をします。乗車率の平均が41%と言うのは以外でした。「37〜38%位かナ〜」って感じでした。

 いずれにしても、総走行距離を206キロのままで営収を上げるには、実車距離を延ばすか又は実車率を上げる事となります。但し立ち回と経験が重要になり、腕が伴わないと難しいでしょうネ~。

 これで終わったら話になりません。現状を考えてみます。

 時間当たり17キロ走ると仮定すると、12時間しか掛かりません。勤務時間は18時間です。6時間は何処へ?前にも書きましたが、付け待ちや無線待機に要する時間や、年金受給運転手の営収調整の為の走らない時間等を考慮しても余りにも短すぎます。仮に時速15キロ/時間でも14時間です。・・・4時間は何処へ?

 平成26年の客単価の平均は、客数26人と仮定すると約1350円で、延走行距離あたり170円/キロです。

 客数を時間当たり2人拾うと仮定すれば1日36人で、営収1350円×36人=48600円になり、総走行距離を17キロ/時間×18時間×170円≒52000円となります。共に税込みメーター金額、約5200と約56000円になります。

 仮に実車率を37%とすると、実車距離は17キロ/時間×18時間×37%=113キロとなり、総走行距離は約305キロになります。又営収は単価412円×実車距離113キロ=46500円、仕込みメーター金額約50300円になります。

 あくまで平成26年度の数字を用いた机上の計算ですが・・・どうですか東京の営収平均を超えました。・・・結果、如何やら休まないで「ひたすら流す事」が営収を上げる事の様です。

 行けそうな気がして来ましたか?

 長くなりましたので次回は「机上の計算を実現するには?」を書こうと思います

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「京浜交通圏2」

 今回は「な~んか違うナ~この数字」を書こうと思います

 今回は、「京浜交通圏タクシー事業適正化・活性協議会」という資料を見つけました。平成27年5月に開催された平成26年度の資料です。要はタクシー会社の減車に関する資料です。

 其れによると、総車両数は6858台、稼働台数率は80.4%で5486台の様です。
輸送人員(乗車客)は185767人/日、実車率は41%、実車距離は84,8キロ、営収はおそらく税込みで38000円(税抜き35000円)です。

 前回の計算で乗車回数を算出するのに乗車客÷実働車両数で計算しました。・・・ここがおかしかった事です。これでは必ず1人で乗車する事になってしまいます。・・・有り得ません。

 東京は乗車回数が明示されているのですが京浜交通圏では・・・無いです。東京では1乗車人数は1.3人だそうです。なのでこの1.3人を1乗車人数として計算します。・・・根拠は無いですが、さほど大きく違わない様な気がしただけで、頼りないです。

 乗車回数は、185767人÷1,3人÷5486台=26/台、26回です。

 又走行キロ数は84.8÷41%=206キロ、走行距離単価は170円、1回当たりの実車距離は3,2 キロ、実車距離単価は416円、客単価は約1350円となりました。

 やっと肌感覚に近づいた感じです。

 纏めます。営収は35000円、乗車回数は26回、客単価は1350円、実車率は41%、実車距離は84.8キロ、総走行距離は206キロ、実車距離平均は3,2 キロ。この位が運転手が必要としている数字ではないでしょうかネ?

 あとの数字は営業が終わって、「ハ~」と溜息を付きながら見る数字でしょう。

 次に意味も無い事ですが東京と比べて見ます。以下は、東京:横浜の数字で東京が先です。乗車回数=26回:26回、延走行キロ=247.5キロ:206キロ、客単価1700円:1350円、乗車率43.6%:41%、1回当たりの乗車距離4.1キロ;3.2キロ、営収45000円:35000円です。
 東京の方が全然いいじゃン・・・です。

 年収で比べます。歩合を60%と仮定します。東京は、45000円×13乗務×60%×12カ月≒421万円。他方京浜交通圏では35000×13乗務×60%×12カ月≒328万円・・・トホホ、情けない。東京と年収差は約100万円差が有ります。・・・東京恐るべしです。

 東京23区は、面積619/㎢、人口約940万人、人口密度約15000人/㎢、他方横浜市に限れば、面積438/㎢、人口約370万人、人口密度約8530人/㎢となり、東京23区は面積が広いのに人口密度は高くなっています。

 東京都比べて愚痴ってもしょうが無いので、次回は「最低でも東京の平均を抜こうヨ」を書きたいと思います。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「京浜交通圏ではどうなのヨ」

今回は「京浜交通圏ではどうなのヨ」を書こうと思います。

 先ず前回までの「東京特別区・武三地区」のデータでは、営業内容の平均は、営収平均(税抜き)45000円。実車率は44,7%、1日の走行距離248km、乗車回数約27回、実車キロ数平均4.1kmでした。金額に直すと総走行距離単価で181円/km、客単価は1660円/回です。

 走行距離が、チョット少ね~んじゃネ、と書きました。どうでしょう?無線待機をしていたり、年金受給者は売上をセーブする事が有るのでその分走らない事は有るでしょう。

 無線待機?又は専用乗り場での待機?。東京4社(現3社?)のトップであろう日本交通の無線本数は、月27万回以上だそうです。グループ会社を含め保有車両は3300台だそうです。1台に付き1日平均3本/台です。最高の専用乗り場も30か所以上だそうです。

 タクシ―に占める東京4社の割合はざっくりと約3割位だそうです。何が言いたいかと言うと、東京4社のタクシーと他の無線グループの無線待機や乗り場待機の台数が多くて走る時間が短くなっても、其れだけで走行距離が248キロ迄少なくなる事は無いと思います。・・・どうなんでしょうネ~

 京浜交通圏の事に戻ります。営収の平均が東京からおそらく1万円位は低くなると思います。東京にある「タクシー・ハイヤー協会」の様な組織は「神奈川県タクシー協会」になります。しか~し、残念ながら東京の様なデータは公表されていません。・・・何故?

 国交省や陸運局の資料を探せば有るかもしれませんが・・・面倒臭いのでやりません。

 やっと見つけられたのが、平成24年に作成された「京浜交通圏タクシー事業適正化・活性化協議会設置要綱(案)」という資料でした。

 その中で「各指標の比較」という項目が折れ線グラフで表示されています。それによると、24年4月の車両数は6877台、輸送人員は約650万人です。同年の東京の働率約84%を適用して郵送回数計算すると、6500000÷31日÷(6877台×84%)=36回になります。

 東京より9回多い事となりまりますが、なんか違う気がします。

 「先ず新人は乗車回数30回を目標に」と言われる所以は、乗車回数の平均が36回なので、新人は経験値など劣っているので割り引いて30回になるのでしょうかネ?

  営収は同年同月で約38000円(おそらく税込み)税抜きで35000円、実車キロ数は約88キロ迄の数字しか無く、総走行距離は不明で乗車率は41%でした。

 実車率から総走行距離を計算すると、実車距離が88キロなのでは約214キロとなります。東京と比べ35キロも低い総走行距離です。

 営収を総走行距離で除すると163円、実車距離だと397円になります。東京と比較すると前者で18円京浜交通圏の方が安く、後者で東京は410円なので、京浜交通圏の方が13円安くなります。

 客単価は35000円÷36回≒1000円となり、東京と660円低くなります。

 ・・・何か肌感覚として大分違います。・・・変です。

 次回は「なにか違うナ~この数字」を書こうと思います。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「数字から見た今の運転手の平均的な走り方」

今回は「数字から見た今の運転手の平均的な走り方」を書こうと思います。

 前回までは、乗客の傾向及び東京特別区・武三地区の営収平均を見て見ました。その結果、女性乗客の方が2000円迄の乗車料金を支払う割合が多いので、女性を見つけてもガッカリする必要は無く、又乗車客の約7割が2000円以下の客だと分かりました。

 乗車内容は、営収平均(税抜き)45000円。実車率は44,7%、1日の総走行距離248km、乗車回数約27回、実車キロ数平均4.1kmでした。金額に直すと総走行距離単価で181円/km、客単価は1660円/回です。

 次の計算です。時間当たりどの位の距離を走っているか計算してみます。1乗務18時間とします。(21時間-休憩3時間又は20時間―休憩2時間)すると1時間当たり約13.7キロの走行距離になります。・・・少なすぎます。

法定制限距離365キロを18時間で除すると、1時間当たり約20キロ走らなければ無理です。この20キロ/時間は正直厳しい数字です。経験上16〜18キロ、間を取って17キロ/時間位ではないでしょうか。当然高速道路を何回か利用すれば20キロ/時間に近づきますが・・・どうでしょう?

 おそらく1日流し続けると走行距離は300〜330キロ/日位ではないでしょうか。計算します。時間当たりの走行距離を17キロとすると、248キロ走るのに約15時間必要です。18時間勤務で走っている時間は15時間です。残りの3時間の行方は?・・・寝てる?

 上記のデータは流しのデータだけでは無く、無線を狙って待機している車や付け待ちをしている車のデータを含んでいます。その車の割合が分からないので何とも言えませんが、流し営業をしている車での248キロは少な過ぎます。流し営業で平均走行距離が250キロ前後だと、おそらく稼げません。

 1日の走行距離を330キロと仮定し実車率を44,7%すると、実車走行距離約148キロ乗車回数は36回、営収は税別約6万円位です。月13日勤務だと月の営収が約78万円、給与割合が60%として約47万円になります。少し頑張れば月収50万円です。・・・東京では充分可能な数字です。・・・東京以外は・・・?です。

 月収50万稼ぐ運転手のブログ等をみると、やっぱり走ってます。「走ってなんぼ」なんです。しかし無暗に流せば良いという訳では有りません。効率の良い走りで「流し」てと言う意味です。言い換えれば「良い立ち回り」走り方で流すという事になります。。

 もう少しかみ砕いてみましょうか。営収平均が45000円とすると月の営収は58500円、給料は351000円で、3時間無駄な時間が有ります。走行距離が250キロ位の流しの運転手は、ほぼ間違いなく休憩時間が多いはずです。その多い休憩時間を走る事で営収は6万円に近づくとデータは語っていると思います。

 東京特別区・武三地区での営業を始めようとする新人運転手又は走行距離が250キロ未満の運転手は、1日の走行距離を330キロに伸ばす事で営収が6万円/日、月収50万円に近づくと思います。

 これは運転手の腕の問題ではなく、数字から見た結果です。今のままの走り方で走行距離を330キロ迄伸ばせば良いだけです。良い立ち回りで330km走る事が出来れば、東京では月収50万円の可能性は高くなるでしょう。

 330キロ走って月平均6万円/日行かなかったら・・・腕を磨く事と立ち回りを考えましょう。

 長くなったので次回は「京浜交通圏ではどうなの?」を書こうと思います。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「再度、時間帯の営業方法を考える」

 今回は、「再度、時間帯の営業方法を考える」について書こうと思います。

前回は、平均乗車利用金額2000円未満が7割位だと書きました。又2000円までは女性客の方が利用割合は多く5000円迄では6%しか違わないので、女性客を拾ってガッカリする必要は無い。と金額と気持ちの部分で纏めました。

 今日は、2016年の「東京タクシー・ハイヤー協会」の資料を見つけたので、その内容を書きたいと思います。使えそうなデータは・・・

 2014年の資料まではある程度参考になる数字が分かり易く折れ線グラフと数字によって纏められていました。が、2016年度はそれが無くなりオリンピック関係の事が記載されています。必要なデータは一覧表に纏められました。

 次の数位は東京特別区・武三交通圏の数字です。残念ながら京浜交通圏の数字では有りません。

 先ず税込み営収ですが、48911円(税抜きで約45000円)、これは予想通りでした。私が勤務している京浜交通圏との差はおそらく1万円位なので、京浜交通圏では35000円位ではないでしょうか?

 実車率は44,7%、1日の走行距離248km、乗車回数約27回、実車キロ数平均
4.1kmでした。これである程度の数字が分かりました。

 空車を入れた総走行距離で除すると、181円/kmになります。実車距離数で除すると405円/kmになります。因みに私は実車距離に対する単価はあまり気にしません。
気にするのは総走行距離に対する単価と客単価です。300キロ走って営収が3万円だとキロ単価100円とか、40人乗せて営収が4万円だと客単価1000円とかで、今日は良かった、悪かったと判断します。・・・結果論ですがネ。

 話を戻します。実車キロ数平均4.1kmを金額に直します。約1400円位です。この1400円に乗車回数の27回を乗じると約4万円になります。平均営収の45000円と5000円の差が出ます。

 前回22時迄の乗車比率が80%位と書きました。という事は27人中22人が22時迄の乗車客で、残りの5人は22時以降乗車した客と考えます。不足の5000円は10時以降の乗車客と仮定すれば、10時以降の客単価の平均は2400円、税込み2600円の客となります。

 朝6時に出庫して帰庫するのは20時間後の翌深夜の2時とすれば、22時から4時間有ります。その4時間の間に2600円の客を5人拾う計算です。

 纏めます。タクシー乗務は水商売的要素が大きく、良い日、悪い日の差が結構有ります。有るデータを元に数値を計算しても、あくまで其れはデータであって結果でしか有りません。換言すれば、例えば上記で計算した5000円の差額をどう解釈するかはデータを取り扱う人の範疇だと思います。私は22時以降に算入しましたが考え方は人其々だと思います。

 唯一つ言える事は、平均走行距離が法定走行距離上限の365キロ迄約120キロも少ない事で、もっと稼げるチャンスを失っている事だと思います。

 仮に、このデータで走行距離を365キロ迄走ったと仮定すれば、365キロ×実車率は44,7%÷4.1(実車キロ数平均)×1400円=税込み約6万円になり、乗車回数も約40回になります。もう一つの計算で乗車距離単価を計算すると税込み約7万円になり、総走行距離単価で計算すると181円×365キロ×1.08=約7万円となります。

 データをどうこねくり回しても、当たり前ですが走った方が良さそうです。

 長くなりましたので次回は「更なる走り方を追求して」に譲りたいと思います。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「それでも分かる傾向」

 今回は前回に続き「それでも分かる傾向」を書こうと思います。

 前回、「主婦は結構タクシ―を使てるいるんだナ~」と言う、しょうも無い結果になってしまいました。

 今回、少しはタクシー運転手に役立つであろう事を書こうと思いますが、どうなる事やら感です。・・・

 先ず、1回に付き幾ら位乗車料金を支払っているかです。今回は職種を関係なく男女に分けました。職種は、会社員、公務員、自営業、会社経営、自由業、主婦、学生、その他の8種です。サンプル数は、男431人、女508人、合計939人です。

 割合は男の割合を最初に記載します。先ずワンメーターでは4.9%:7.7%、1000円位では20.4%:24.4%、1000円~2000円では37.2%:40.7%。2000円~5000円では27.6%:21.5%、5000円~9000円では5,5%:1.4%、9000円以上では4,4%:0.6%の様です。

 分かりづらいので纏めます。ワンメーターは男女比で約2.8%しか違いませんが、ワンメーターを超えて1000円位迄は、女性客の方が多くこの傾向は1000円を超えて2000円迄続きます。換言すれば、乗車した客が男性客の場合、乗車代金が2000円までの割合が62.5%に対し女性客の場合は72.8%になります。もっと言うと男女の別なく乗車代金が2000円までの客は68%、約7割です。・・・チョット参考になるかも?・・・です。要は乗せた客の7割が2000円以下という事です。

 もう少し有意な数字ではないでしょうかネ。言い換えればたかだか1000人位のサンプル数ですが、乗せる客の7割位は2000円以下と予想されます。又男女を区別して考えると、女性客の方が2000円迄使う可能性が10%位多いので、女性客を見つけて「な~んだ女か、近いベ~」と思うより、1000円を超えれば、女性の方が遠くに行く可能性が多いかも・・・です。

 これは男女の区別なく1000円~2000円の区分ですが、1100円でも1900円でもこの範囲にカウントされているのでどう営収の予想に反映しましょうかネ~。

 その他営収の予想に使えそうな数字は、利用回数、利用時間帯、利用目的位でしょうかネ~。

 たま~に(月3回以下、週1回以上利用しない)タクシーを使うのは、男性46%:女性53%、週1回以上10回未満は34%:30%、それ以上使うのは20%:17%となります。大きな割合の差は無いので、男女同等位利用している様です。男だから使っているとか女だから使って無いという事は無さそうです。

 ここまで来て、又気付きました。このアンケートあんまり意味ねーんじゃネ。利用目的の所で気づいてしまいました。女性795人中、通勤通学及び商用が18.4%です。え!
おかしく無いですか?主婦326人は通勤通学が無いです。女性の人数から主婦の人数を除外して計算してみました。そうすると6時から12時までの通勤通学及び商用の女性の割合は約30%になりました。・・・乗せた女性乗客の30%は通勤客の様です。
・・・だから何と言う声が聞こえそうですが・・・意味の無い数字でした。

 実際、通勤時間って何時頃までだと思います。私は出庫して通勤客のピークが過ぎたと感じるのは、9時過ぎです。日によって違いますが、9時~10時位でしょうかネ~。

 私は6時30分から7時迄の間に出庫します。そ~ですね、1時間に3〜5本位拾いますかネ~。皆様最寄り駅かY駅です。回数で勝負です。東京なんて言われるとガッカリします。・・・そうです、行き帰りと都内の渋滞です。行って帰って約2時間から3時間かかります。それで1万円じゃ合いません。多摩川を渡らないと客は拾う事が出来ないのと、時間が勿体ないので帰りは高速です。朝の通勤時間帯の1万円じゃ合いません。・・・贅沢ですか?

 予想通り内容が纏まりませんでしたが、次回は「再度、時間帯の営業方法を考える」を書こうと思います。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「平成28年度、タクシーに関するアンケート調査結果」

 今日は何を書こうか迷っていましたが、ネットで「平成28年度、タクシーに関するアンケート調査結果」というページを見たのでその事を書こうと思います。おそらく東京のタクセンの調査だと思いますが、アンケート10000枚を配布して、回収率9.6%なので、チョット頼りないですがサンプル数1000といったとこでしょうか。

 職種は会社員と主婦に分けました。自営業と会社経営も有ったのですが各項目に対する割合が余り変わらなかったので分けませんでした。公務員はサンプル数の桁が違うので分けていません。要は、単なる公務員を除いたサラリーマンのみです。

 月の乗車回数から見て見ます。会社員のサンプル数401人中1〜3回の人が55%、主婦は204人中59%。次に4〜10回の割合は会社員が31パーセント、主婦が29%、
それ以上は会社員が15%、主婦が11%でした。

 これを見ると、主婦も会社員も週に月1〜3回の利用頻度は殆ど変わらず、4〜10回の利用回数でも2%しか変わりません。よって、主婦も会社員と同等位利用している事となります。・・・遠い近いは別にしても主婦は結構タクシーを利用しています。・・恐るべし主婦パワーです。

 次に利用時間です。6時から12時迄の利用割合では、会社員600人中18%、主婦では290人中27%です。何かおかしいと思いませんか?この時間帯には会社員の出勤時間が入っていますが、抑々主婦に出勤時間が無いのに割合は会社員以上です。

 次にあげる利用目的を見ると分かります。会社員の利用目的は43%が通勤及び商用なのに対し、主婦は買い物その他臨時が47%です。あと時間帯はデーターが無いので分かりませんが通院も29%あります。主婦は買い物と通院で結構タクシーをお使いの様です。

 これを時間帯を分けないで考えると、タクシーの利用目的では、会社員の通勤+商用+買い物その他臨時+通院+レジャーの利用割合が81.3%なのに対し主婦は88%と上回ります。・・・結構主婦って結構タクってるんですネ~。・・・またもや主婦恐るべし。
因みにサンプル数は、会社員532人、主婦326人の様です。

 次に利用時間割合です。先程6時~12時迄以降12時から18時迄です。会社員24%の対し、主婦は50%です。又主婦が優勢です。

 ここ迄やって、ハッと気付きました。こんな事やっても意味ネ~ンじゃネ!

 抑々、男女を比べてどっちが多くタクシーに乗るのかや、何処でタクシーを拾うかだったら意味が有るでしょうが、街頭配布アンケートでタクシー乗車の内容を聞いても・・・運転手にはあまり参考にならない様な気がしました。

 ですがここ迄で、旦那を送り出した後主婦はそそくさとタクシーで買い物に行っているんダ。ってことは分かりました。(笑)

 長くなったので次回は「それでも分かる傾向」を書こうと思います。例えば会社員は青タン以降600人中何割位の人が乗車しているとか、運賃の平均は幾ら位か?です。多少参考程度にはなるカモ?


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「無賃乗車」

 今回は「無賃乗車」について書こうと思います。 

 無賃乗車ってタマ~にいるんです。金額も730円のワンメーターから万単位まで様々です。私が勤務しているY市では俗に言うドヤ外の〇町があって、そこを指定した客はたまにいます。手口は「金を取って来るから待っていて」と言い残し下車していきます。案の定帰って来ません。慣れている客はドヤから離れた場所で下車して消えます。しかし住んでいるドヤの前で下して入って行っても、どの部屋に入っていったか分からないので探し様が有りません。パターンとしては、ドヤによって「〇〇に行くから待っていて」というパターンも有ります。・・・その間メーターは上がります。帰ってこないと運転所の自腹です。警官を呼んで無賃乗車被害を告げても無理です。ワンメーターの為に事情を聴かれたりして時間の無駄です。・・・悲しいかな泣き寝入りです・・気分的に最悪です。

 しかし半分くらいの客は携帯やバックを置いていくので、「金を取って来るのでチョット待てて」と言います。そう言われると私は「大丈夫ですよ~」となってしまいます。この場合帰って来なかった事は有りませんでした。

 無賃乗車って何罪だと思います?・・・詐欺罪です。

 私も1万数千円の被害に有った事が有ります。事の顛末はこうです。と或る日の深夜1時頃です。繁華街から少し離れた場所でその客を拾いまいした(酔っ払いのサラリーマンです。)行先は〇芸大学です。ルートは第3京浜を多摩川で降りて目黒通りを行くルートです。〇芸大学のどのあたりか分からないので、取り敢えず駅に向かいながら目的地を客に案内して貰う事で了解を取り出発しました。・・・案の定道中客は爆睡です。

 目黒通りに入りあと駅まで5分位の所で声をかけても案の定起きません。しょうがないので取り敢えず駅に向かう事にしました。駅の横の交番の前に停車して5分位馬鹿みたいに声をかけ続けるとやっと起きました。その後あろう事か自分でドアーを開け降りようとしました。そこで声を掛けます、「お客さんお金!お金!」。
客は面倒さそうに、「幾ら~?」っと。レシートを渡し1万〇円です。と私。お客はバックや財布を探していますが・・・有りません。同じことを何回やっても金が有りません。

「カードも使えますから、カードでも良いですよ」と私。「カード持ってないんだよネ~、キャッシュカードが有るからコンビニ行って貰える?」と客。ナビを見ると傍にファミマが有ったので即直行です。

 ファミマの前に停車すると、「チョット下ろしてくるから待てて」と言ってコンビニに中に消えていきました。

 さてこの後お客はどうしたでしょうか?

 お客の取ったありえない行動は次回に回します。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「更なるモンスターが手を挙げて貴方を狙ってる!」

 今回は「更なるモンスターが手を挙げて貴方を狙ってる!」を書こうと思います。

 入社して暫くは12日の隔勤をしていたのですが、途中で夜勤になりました。抑々それが間違いの元でした。夜勤の欠員が出来たのですが、誰も手を挙げなかったので何となく手を挙げてしまいました。・・・夜勤が地獄とも知らずに(笑)

 隔勤の12日は夜勤に比べたら天国です。今の会社の12日の隔勤は、出番、明番、出番、明番、公休となっていて最後の明番、公休は2連休のイメージです。・・・超楽です。
ところが夜勤は勤務時間が短いとはいえ毎日が出番です。休みは月4日となります。

 昼間に10時間流すのと、夜に10時間流すのとでは比べ物にならないキツイです。

 何がキツイって乗せる客は殆ど酔っ払いです。逆に言うと流すのは当然繁華街がメインになります。夜勤を始めた頃は必至で走っていました。当然営収も良く、夜勤を始めて半年位は営収が月100万円を切りませんでした。その代わり、出社して勤務が終わって帰宅して寝て又出社の繰り返しです。自分の時間なんて有りません。

 隔勤は嫌な出来事が有っても次の乗務まで20時間以上有りますが、夜勤は寝て起きたらもう次の乗務です。ストレスの溜まりまくりです。毎日のストレスが蓄積していくんでしょうネ~。

 そんな時に限ってモンスターを拾ってしまいます。・・・「逆切れ」パターンです。
取り敢えず客を拾った時に、寝そうな客は分かるので住所を聞いて了解を取ってナビで行きます。

 案の定熟睡です。着いて起こすと辺りを見回し「てめー此処は何処なんだ!(怒)」となります。「指示された住所ですけど」と私。「こんな所知らねーよ!」と客は逆切れ。・・・客は酔っているので話が嚙み合いませんし、「タクシーの運転手のくせして」と話が目茶苦茶です。

 どうにか料金を徴収して下ろしても、気分は最悪です。この「タクシーの運転手のくせして」という言葉が、「タクシー運転手を職業ヒエラルキーの最下層とみているんだナ~」と感じる瞬間です。・・・本当に最悪な気分です。

 隔勤に比べ夜走る時間が倍になるので、そんな客を拾ってしまう割合も単純に倍です。その罵声を浴びされた傷も癒えぬ内に又乗務です。

 私は、夜勤を1年位しか続けられませんでした。周りは「何で辞めんの、勿体ない」と言っていましたが、「運ちゃんヨ~」とか「てめー」とか意味が分かりません。

 夜勤の人はどう思っているんでしょう?達観しているのでしょうか。

 酔客だから気にしない方が良い事は分っているんですがネ~。・・・無理です。

 夜勤に限らず隔勤でも有りましたが・・・まだ確立は少ないと思います。ロングでもモンスターでも乗せて見ないと分かりません。ロングなら運がよかった、モンスターならツイてないって事でしょうかネ。常にモンスターを拾ってしまう事を念頭に置いて「流す」事をすれば、ダメージが少ないかもしれません。

 ロングもモンスターも手を挙げますヨ・・・ご注意あれ。

 次回は「ふざけんナ!無賃乗車」について書こうと思います。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「夜の客は気を付けろ!」

 今日は「夜の客は気を付けろ!」を書こうと思います。

 マジです。これからタクシー運転手を始め様と思っている方へご注意申し上げます。・・・
気を付けて下さい。

 残業等で夜遅くなって帰宅にタクシーを使う客人は別です。夜の営業は恐らく繁華街を中心に流すと思います。殆ど飲んでいます。

 一番多い困ったチャンは車中で「吐く」客です。この類の客は困った又は嫌な客の軽いジャブ程度です。車内で吐かれると後始末が大変で、異臭が車中に漂いそれ以降仕事が出来ません。気の利いた客は「車内清掃代として自ら幾ら位かかるか」を聞いて払おうとします。社員教育が行き届いた会社は支払を辞退するかもしれませんが、私は聞かれれば請求します。絶対に、だってそれ以降仕事が出ないんですよ。

 金額ですか?仕事が終わる位の時間だったら実費程度です。タクシー専門の洗車場で頼むと大体3000円前後なので、ちょっと多めに4000円位ですかね~。

 忙しいMAXの時間帯では、客と相談です。以降仕事が出来ない事を告げ請求します。
法的にはOKなのですが、客からの申し出を善意と捉え請求します。

 金額は、概ね1万円前後ではないでしょうか?・・・1万円じゃあわないです。

 清掃代の支払を申し出る客は・・・あまりいません。「スイマセンでした」と言って自分で後始末をする客はまだ良い方で、運転手が始末するのが当たり前位の感覚の客の方が多い様な気がします。金が欲しくて言っている訳じゃないのですが・・・人として「ど~なのヨ」って感じです。法的には客に旅客運送契約での債務不履行(善管注意義務違反)があった訳です。故に、転手やタクシー会社は、これに基づく損害について、乗車客に賠償請求できる事なると私は考えます。ってか人として他人に迷惑をかけたらそれなりの事をするのが常識だと思うんですがネ~・・・どうなんでょ?・・・違います?

 この困ったチャンは、まだ良い方です。その次の困ったチャンは熟睡して起きない客です。基本、運転手は客の体にノータッチです。・・・ひたすら馬鹿みたいに声をかけます。
それでも起きなかったら、窓を開けたり、急ブレーキを掛けたり、携帯のアラームを鳴らしたり馬鹿な努力です。・・・でも起きる確率は呆れるくらい低いです。それでも起きないと110番か近くに交番が有ったら直行です。寝てる客の時は交番又は警察署が無いか探しながら運転します。・・・マジです。

 日本の警察は凄いです。遅くても15分位でパトカーか交番から警官やって来ます。
・・・殆ど面倒臭そうな顔をして来ます。・・・そりゃそうですよネ。この後自分が何をするか分かっていますから。・・・(笑)

 警官も色々で、ソフトに声をかけるだけ無駄な努力をする警察官、客をゆさぶって起こそうとする警察官。私が拍手したのは、客の首根っこを掴んで車外に引っ張り出し、首根っこを力任せに揉みだしたら客が「痛っえ~!」と叫んで目を覚ましました。・・・警官と大笑いです。

 客が起きる迄、私はメーターを止めません。だっていつ起きるか分からないし、車を止めた場所で良いのか分かりませんから・・・タクシー料金は距離時間併用メータです。

 こんな客は未だ可愛い方で、更なるモンスターが手を挙げて貴方を狙っていますヨ。

長くなりましたので次回は「更なるモンスターが手を挙げて貴方を狙ってる!」を書こうと思います。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「タクシー運転手とアメプラ」

 今回は「タクシー運転手とアメプラ」について書こうと思います。っとその前に前回は
何だか寺の坊主が言う様な「運」と「ツキ」は違うなんて書いて申し訳なかったです。でも、「運」は呼び寄せる物だと思っています。私は無神論者ですが、駅でボーッと客待ちをしている運転手より、ひたすら頑張って「流し」をしている運転手の方に、最終的には必ず「神」が笑んでくれると思っています。この頑張ってと言うのは唯むやみに走るのでは有りません。

 個々に営業している地域は違うので、こうすればロングが絶対拾えると言う方法は無いと思っています。・・・有ったら教えて下さい。

 雑誌などでカリスマ運転手とか言って話題になった事が有りましたが・・・?です。サッサーと本を見たりブログを読みましたが・・・当たり前ジャンが感想でした。

 逆に「タクシー程気楽な商売は無い」というタイトルに違和感を覚えた位です。気楽なのは、出庫から帰庫まで時間を縛られないで仕事が出来る事位で、後は全然気楽では有りませんヨ。客に絡まれたり、寝て起きなくて起こせば逆切れされたり、平気で若い奴からタメ口で話されたり、酔って吐かれたり、金を持って無かったり、数限り無く嫌な事は有ります。ほぼ何かしら嫌な事が有ります。・・・どこが気楽か聞きたいです。
聞き流せば良いのでしょうが、私には絶対無理です。・・・客を乗せる回数が多い程ロングを可能性と嫌な思いをする可能性は比例して多くなりますヨ。

 なので「タクシー程気楽な商売は無い」を私は「タクシー程嫌な気分になるな商売は無い」と思います。

愚痴が長くなりましたがようやく本題の「タクシー運転手とアメプラ」に付いて書きます。「アメプラ」って何だか分かりますよネ。そうです、AMEXのプラチナカードの事です。ネットでAMEXのプラチナででも検索して見て下さい。年収や職種等かなりハードルが高いと書いて有ります。

 そんなの当てになりませんヨ。・・・マジです。何故かと言うと自慢じゃないですが、タクシーの運転手の私も持っています。ではどの様にして取得出来たのかを書いて行こうと思います。

 時は遡りバブルの頃です。AMEXのゴールド、JCBのゴールド、ダイナースを使い倒していました。その頃は年4〜5回は海外へ行きその都度各カード会社に連絡を入れて、利用枠を其々200万円に上げて使っていました。AMEXだけでも年間1千万円は使っていたと思います。そんな生活を十数年していても、プラチナのインビテーションは来ませんでした。・・・そんな放漫経営の会社が続くわけもなく、あえなくカード全て飛ばしてしまいました。いわゆるブラックに乗ってしまったのです。・・・(笑)

 そして・・・離婚。・・・(泣)何か身の上話の様ですネ。

 そして、再婚・・・色々考えて女房の籍へ入籍です。姓が変わったので取り敢えずブラックではなくなります。当然カードは持っていません。

 ここからが本題です。最初にアコムで必要なかったのですが5万円借り、3日後に返済しました。これ4〜5回を続けていたら、マスターカードを作りませんか?的な電話か手紙か忘れましたが連絡が有りマスターカードが作れました。CIC等の信用情報は苗字が異なるのでひっかかりませんでした。(カードを飛ばした時、ビザカードとマスタカードは持っていませんでした。)

 次にVISAカードです。・・・楽天で問題無く作れました。

 しばらく楽天カードを使用していましたが、やっぱ「VISAと言えば三井住友っショ」と思って、三井住友VISAカードを作りました。その後ゴールドのインビテーションが来てゴールドカードになりました。約1年弱でインビテーションが来たと記憶しています。その頃には楽天カードは使用しなくなり殆ど三井住友のVISAカードを使っていました。多分月5〜6万円位の利用金額だったと思います。

 そしてAMEXです。7年以上経過していたのでCICの記録は無いのですが、AMEX的には社内ブラックです。飛ばした時は旧制の免許書を身分証明で使用していたので、パスポートを身分証明として使いました。姓が変わっても免許番号は変わらないので、社内ブラック情報で無理だと判断したからです。その時のAMEXはANAと提携したANAのAMEXで、今も使っていませんが所持しています。

 長くなったのでプラチナ取得迄の経緯とその間に行った事と気を付けた事は次回に書きます。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事