So-net無料ブログ作成
検索選択

「何時頃の営収が重要か」

 今回は「何時頃の営収が重要か」を書こうと思います。

 運転手は反対番との調整のもとに出庫時間が決まります。例えば反対番の帰庫が7時だとすると、7時前には物理的に車が無いので出庫できません。自分が勤務している会社はどうやって組み合わせをしているのかは分かりませんが、恐らく古い乗務員、営収の良い乗務員の出庫時間を優先させているのではないでしょうか。・・・分かりませんけど。

 現在は最終出庫が確か11時?、最終帰庫時間は午前7時?だったと思います。この出庫、帰庫の時間で計算でいくと、20時間拘束で間に2時間の休憩を取る事になります。因みに出庫時間は朝の6時が一番早い出庫時間です。

 という事は、何時に出庫しても午前11時から夕方にかけては、否応なく運転手が走らなければいけない時間です。否応なく走らなければいけない時間だからでは有りませんが、朝は出勤、夕方は帰宅と朝夕は有る程度タクシー―を利用する目的が絞れますが、出勤客がひと段落ついた9時過ぎから夕方まではどの様な客がタクシーを利用するかは分からないのでいま一つ的が絞れません。言い換えれば「どこで拾うのヨ?」です。

 換言すれば、的が絞れないのでこの時間帯にいかに営収を上げられるかが、腕の良い運転手か腕の良くない運転手かの分かれ目だと思います。営収のアップを目指すのであれば、「11時位から夕方4〜5時位までの営収をいかに良くするか」が鍵になると思います。青タン後の夜の営業でロングを引くのが理想ですが、こればっかりは本当に分りません。夜の営業に「営収の比重」を置いていると、コケたらOUTです。分かりづらい例えですが、テストの偏差値計算を行う時に使用する標準偏差が、11時位から夕方4〜5時位までの営収に相当する部分だと自分は思います。偏差がマイナスになると偏差値は最初に与えられている50点以下になってしまいます。営収もこの時間帯で基礎点(基礎営収)を稼いでおかないと夜の営業に掛けるしかありません。言ってしまえば営収が安定しないという事でしょうか。

 商用で利用する客、買い物で利用する客、病院へ行く客、遊びに行く客、駅まで行く客、友人宅まで行く客等どの時間帯にも言える事ですが、本当にこの時間帯にタクシーを利用する人の利用目的は様々です。なので、何処に行けばどんな客がいるかは全く分かりません。例えば朝の住宅街などでは出勤でタクシーを利用する人がいると予想でき、昼のオフィース街は商用でタクシーを利用する人がいると予想できます。しかし昼間の住宅街などは、買い物へ行く人がいるのか、病院へ行く人がいるのか、所要が有って利用する人がいるのか全く予想できません。
 
 依って以上の様な理由から出勤客がひと段落した時間、出庫した時間にもよりますが遅くても11時から夕方4〜5時位までの時間の営収が重要だと自分は思います。

 前にも何回か書きましたが、タクシー運転手は水商売的要素が強く、天候、景気、季節などの要素に左右される仕事です。当然「運」や「ツキ」の要素も多分に有ります。その中でコンスタントな営収を上げるには先ず日々の営収を安定させることが重要で、その為にはまず11時から夕方4〜5時位までの時間の営収を上手く安定させる事が最初の一歩だと自分は考えます。

 次回は「じゃあ、如何する?」を書こうと思います。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事