So-net無料ブログ作成
検索選択

「止まった瞬間にメーターが上がる」

 今回は「止まった瞬間にメーターが上がる」を書こうと思い明日。

 おそらくタクシーに停車支持を出し止まった瞬間にメーターが上がってしまって嫌な気分になった事がある人は多いと思います。運転手に止まる指示を出しても、バス停だったり、下車スペースが無いと多少進んで止まる事になります。下車する場所が無いのでしょうが無いです。

 又停車支持を受けて直ぐには止まれません。40キロで走っていて「ここでいいや」って言われても周りの状態に係わらず「ここ」では止まれません。当然少し先で止まる事になります。間が悪いと「ここ」の少し先に行く間にメーターは上がってしまいます。

 「ここ」で支払ボタンを押しても、時間に対するメーターが止まるだけで距離に関するメーター機能は止まらないのでメーターは上がってしまい、運転手は如何する事も出来ません。乗客の気分が悪い気持ちは良く分かりますが如何にも出来ないのが現状です。

 抑々運賃は時間併用距離なので支払ボタンを押して時間だけを止めても、止まった地点までの距離は請求されます。自分は止まった瞬間にメーターが上がってしまった時は90円を引く様にしています。

 これは客に対しのサービスではなく客が降りる際文句を言われ、自分が嫌な思いをしない自己防衛の為で、90円でその後嫌な思いをして運転をしたくないからです

 あと停車支持を受けたらメーターを見ています。メーターにはあとどの位でメーターが上がると表示されているので、指示を受けてメーターが上がりそうだったら結構お構いなしに停車しているかもしれません。・・・申し訳ないです。

 車に乗っている人はタクシ―がどんな所でもお構いなしに停車していると感じているはずです。自分もマイカーを運転しているとそう感じます。

 前にも書いた事が有ると思いますが、「タクシーは止まってなんぼ」なんです。客を拾う時に停車し、下ろす時にも停車します。周りの状況を気にしていたら客なんか拾えません。下ろす時も支持された場所により近くで停車しないとトラブります

 本当に申し訳ないのですがタクシーはそんな仕事なんで、客が乗降しているタクシーの後ろに付いたら勘弁して下さい。

 今回は懺悔した様でした。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職