So-net無料ブログ作成

「ウーバを考えてみる」

 今回は「ウーバを考えてみる」を書こうと思います。

 今何かと話題のウーバですが、京浜交通圏で勤務する自分にはまだ他人事ですが、既に実施されている東京23区のタクシー会社はとても他人事ではないでしょう。自分が思うに現在行われているウーバは、空車と客をマッチングするサービスだと思います。

 この空車と客をマッチングするサービスは現在では「無線でタクシーを呼ぶ」という事でタクシー会社に電話をするところから始まります。

 しかしウーバは空車情報が携帯のアプリで確認でき、携帯からタクシーを呼ぶ事が出来ますが、このサービスはN交通も同様のシステムを開発して運航を行っており、携帯からタクシーを呼ぶ事が出来ます。又東京タクシー・ハイヤー協会が開発したアプリも有るそうです。

 という事は、都内には3つのタクシーを呼べるアプリが有る事になり、東京の運転手はこれらのシステムによってどう変わったのかが興味が有る所です。

 N交通は独自でシステムを開発する資金力が有るのでしょうが、他のシステムを使っている所は不便な所が有っても使うしかないでしょう。当然システムを使うのには協賛金なり何らかの金銭を負担する事になりと思いますが、其れでペイ出来るかも興味が有る所です。

 今の所自分が勤務する京浜交通圏では上記の様なシステムを持っている会社は有りませんが、近い将来は分かりません。って言ってもシステムを自社で開発出来る会社は無いでしょう。

 たしかウーバは最初ライドシェアがメインだったと記憶しています。ライドシェアと言うと耳触りが良いですが白タクです。

 現在も繁華街で白タクを目にする事は有ります。何故白タクと分かるかと言えば、タクシー運転手の感です。ほぼほぼ間違えが無いと思います。

 其れと運転代行も白タクの様な事を行っています。店の経営者に話をして客を回してもらっているそうです。見れば分ります。背広を着たサラリーマンが運転手と2人だけで代行の車に乗って高速を走っているんですから。普通代行を頼んだ客は自分の車に乗り随伴車には乗りません。

 この耳障りの良いライドシェアは、業界全体にとって脅威で、当然業界は目の色を変えて猛反発しています。これが認可でもされたら飯の食い上げです。

 自分はタクシーでライドシェアを導入すれば、客も料金が安く済むので良い事だと思うのですがどうでしょう。一般車を対象にするから白タクになってしまい、事故等の保証などが問題になりますが、タクシーは免許業者なので問題は無いはずですが。

 現況一般車のライドシェアは有るそうですが、実費以上の料金は取れないとか、長距離だけとか規制が厳しいそうです。当たり前です、タクシーは食っていけません。業界団体が反対するのは当たり前です。
 
 ウーバの話に戻りますが、世界的にみて圧倒的知名度が有るので、東京オリンピックの時に来日した外国人は利用するでしょう。ウーバには幾ら日本で知名度が有るN交通でもかなわないでしょう。何せ外国人はN交通のN字も知らないでしょう。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職